紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

複数の派遣会社に紹介予定派遣希望で登録するのも手

紹介予定派遣を希望している人は、まずは派遣会社に登録し、その際紹介予定派遣を希望していることを伝えましょう。但し一般の労働派遣は一切希望しないというと、紹介される件数は少なくなります。直接雇用前提でなければ働きたくない、というのであれば、自分でも探しながらいくつかの派遣会社に登録して紹介を待つという方法があります。自分で探すだけでは限界がありますが、いくつもの派遣会社に登録をすることで間口は広がりますので、見つかる可能性は高くなるでしょう。一般の派遣社員よりは安定した雇用形態といえますので、長く働きたいと思っている人にお勧めの制度です。

直接雇用後の条件については、大まかに説明がありますが、細かい点までは確認できないことがあります。月給にみなし残業代が含まれていたり、交通費に上限があったり、と直前になって不利な条件が分かることもあります。そのようなことがないように、分かる範囲で条件面を確認しておいたほうが良いでしょう。一般の派遣では、正社員やそのほか直接雇用の人たちとは違う、という意識が少なからずあると思いますが、紹介予定派遣で働き始めたなら、いずれは自分もこの会社の従業員になる、ということを意識しながら働くと良いでしょう。