紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣は双方にメリットがある制度

紹介予定派遣とは、一般の労働者派遣とは異なり、一定の派遣期間を終えると派遣先に直接雇用されることが前提となっています。この制度のメリットは、雇用主、労働者双方が正式に雇用関係を結ぶ前にマッチングを確認できる点にあります。一旦雇用すると雇用主はそう簡単に労働者を解雇できず、労働者側は自分の意思で退職できますが、早期退職は労働者にとっても決してプラスになりません。紹介予定派遣は、このようなリスクを減らせる良い方法です。

但しいくつか注意点があります。直接雇用を前提としているとはいえ、約束されているわけではありません。労働者側が派遣期間の終了後に直接雇用を断ることができる一方で、派遣先も直接雇用を見合わせることができます。その場合、派遣社員として引き続き働くことはできません。紹介予定派遣の派遣期間は最大で6か月ですので、6か月後には直接雇用となるか、職を失うかのどちらかです。直接雇用後の条件は、派遣期間が始まる前にある程度提示されますが、その条件も約束されているわけではなく、直接雇用の直前に改めて協議することができます。直接雇用後の条件については派遣会社を通して交渉できますので、労働者としては交渉がしやすいと思います。

関連サイト