紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣のメリットとデメリット

紹介予定派遣とは、派遣先の会社と直接契約することを前提とした派遣です。派遣されると最大6ヵ月、平均3ヵ月程度の猶予期間があり、その間に自分がここで働き続けたいか、あるいはこの人物を採用したいかを決めて互いの合意があれば正式な従業員として契約されるわけです。このシステムのメリットとしては企業側からすれば、面接などでは分からない実際の勤務態度や能力を見定めた後で採用を決めることができることです。正社員にも研修期間などがありますが、一度正式採用された者はあからさまな落ち度がなければなかなか解雇にはできないのでこのメリットは大きいと言えるでしょう。

一方、雇われる側にとってみれば、職場が自分の求めているものと違う場合は気軽に退職できるというメリットがあります。また、いきなり正社員に挑戦するよりはお試し期間とはいえ、とりあえず雇ってもらえるチャンスが広がります。そこで自分の有用性をアピールできれば正社員の道も開けるのです。さらに、事前にカウンセリングをし、派遣する会社にも話を通してくれるなど、派遣会社のバックアップもあるのでひとりで就職活動に取り組むより心強いという点も見逃せません。ただし、デメリットも存在します。それは、紹介予定派遣が出来るのはあくまでも派遣会社が契約している会社のみなので選択の幅が狭まってしまうということです。したがって目指す職業が確固としている場合は、このシステムには頼れない場合もあります。