紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣の説明とメリットと現状

まず紹介予定派遣について説明したいと思います。最初は通常の派遣と変わらないのですが違いは派遣先企業で一定期間働いた後で双方の合意の元で正社員・契約社員といった直接雇用形態に切りかえるシステムを指します。このシステムのメリットは実際にその職場で仕事をしてみて続けるかどうかを決めることが出来る点です。企業側としても使える人材かどうかをしっかり見極めてから直雇用することが出来るので双方にメリットがあるといってもいいでしょう。

私自身派遣会社に登録して働いたことはありますが、実際に紹介予定派遣でお仕事をもらったことはありません。残念なことにまだ紹介予定派遣のシステムを取り入れている会社が少ないのです。こちらとしてはどの仕事もその前提で働かさせてもらえれば嬉しいのですが、派遣イコール使い捨てといった現状はまだまだ続きそうだと思います。特に不景気な時代は会社側にとっては雇用期間が短い派遣は使い勝手がいいのでしょう。繁忙期の短期間だけ雇用して暇な時期になったら期間満了で契約が終了してしまいます。なのでより多くの企業が紹介予定派遣してくれることを望みますし、国が義務づけてくれたらいいのにと切実に思います。