紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣のメリット

仕事を探すには様々な方法があります。そのなかでも、特におすすめなのは紹介予定派遣です。自分で仕事を探す場合、就職して実際働いてみないと、分からないことが多々あります。紹介予定派遣の場合、派遣の一種なので、エージェントに色々確認することができます。当然、派遣会社が派遣先を紹介するので、すでにそこで働いている人がいる場合が多いです。それゆえに、派遣先の実情に関して詳しく知ることが可能です。

仮に、聞いていた情報と違っていたとしても、派遣期間ならば、転職はさほど難しくはないでしょう。通常の転職活動のように、入ってみるまでは分からない、入ってみたら失敗だった、ということがなくなります。企業側だけでなく、労働者側も相手を知る期間が持てる雇用形態、それが紹介予定派遣です。

派遣としての雇用期間は、最長で6カ月となります。その後、企業側と話し合い、合意すれば正社員となります。正社員という雇用形態に応募するよりも、入社は容易です。企業側も、相手を見てから選択することが可能だからです。実力はあるが経験がなく、なかなか面接に通らない、といった方にはオススメです。比較的高齢で、通常の就職活動では難しい方にも適していると思います。

関連サイト