紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣の魅力とは

紹介予定派遣は、まだまだメジャーではないかもしれませんが、とても便利な制度であると思います。いったいどういうものかというと、通常に派遣として勤務するのではなく、当初の契約で何ヶ月か後にお互いの意思が合致すれば契約社員、または正社員などとして直接雇用で働くことができるというものです。まだまだ浸透していないかもしれませんが、これからもっと主流になる制度であると思っています。なかなか社員になれないという方は、この制度を利用して、はじめは派遣での就業にはなってしまいますがゆくゆくの社員を目指して働くことができます。

一番の利点は、やはり社員として働く前に会社、そして本人と相性をはかることができることだと思います。いきなり社員として入っても、合わなかったということはあるかもしれません。そういうリスクを回避することができます。また会社側からも、ふさわしい人間であるかということを確認することができます。お互いにとって利点があるものだと思っています。そのつなぎ役として派遣会社は役立っているのです。もっともっと紹介予定派遣が増えればいいのではないかと思います。そうすれば、雇用の活性化にも確実につながることでしょう。