紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣がオススメの訳

私は、派遣会社の社員として働いていたことがあります。派遣には一般的な派遣の他に紹介予定派遣というものがあります。紹介予定派遣とは、派遣先で社員として雇用されることを前提、派遣社員として就業し、期間終了時に、派遣先企業と派遣者本人の希望が合意した場合に、社員として働くことになるものをいいます。派遣期間は三ヶ月くらいが一般的です。

紹介予定派遣の最大のメリットは、どんな会社なのか、自分に合った会社なのかを見極めてから社員になれることです。これは企業側からみても同じであり、会社の社風に合う人材であるか、スキルは十分かを確認することができるので、双方にとって、大きなメリットとなります。

やはり会社というのは、実際にそこで働いてみないとわからないことが多いというのが現状です。いくら企業について調べても、実際に働いてみると違った印象を受けるものです。紹介派遣というのは、まだまだ数は少ないですが、派遣会社のHPなどをこまめにチェックしていると見つけることができます。大手企業などが紹介予定派遣を採用していることが多いので、憧れの企業で働くチャンスにもなります。会社選びのミスマッチをなくし、自分の希望にあった仕事ができるのは素晴らしいことだとおもいます。紹介予定派遣には大きなメリットがあるのです。