紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

登録して知った紹介予定派遣

自分の向いている仕事が分からなくなり、せっかく就職した会社を辞めてしまいました。そこで転職活動をすぐに始めましたが、自分の向いている仕事が分からずに辞めてしまったため、思うように応募できないという日々が続いてしまったのです。そうなると困るのが資金面です。元々多くなかった貯金はすぐに目減りし、不安が募っていました。取りあえず何でも良いので働くべきだと考え、少しやってみたいと思っていた派遣の仕事をするために、派遣会社に登録したのですが、その時に紹介予定派遣という存在を知りました。

私が応募しようと思っていた仕事は派遣という雇用の形態です。そこで派遣会社の方から、紹介予定派遣として応募しないかと言われました。少なからず興味を持っており、直接雇用のチャンスもあるということで、私はチャレンジしてみることにしました。仕事をする中で、徐々にやりがいを感じられるようになり、大変充実感のある中で働いていたところ、企業側から直接採用したいと打診を受けまして、今は正社員で働いています。当初は期間限定の派遣で働く予定でした。しかし担当の方から紹介予定派遣を紹介していただいたことで、未来が開けました。本当に感謝しています。