紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

正社員という希望を叶えられた紹介予定派遣

大学時代、就職活動に失敗してしまったため、暫くアルバイトしかしていませんでした。それでも現状に不安を感じたので、改めて就職活動を始めたのです。しかし大学時代、就職活動に失敗したという過去があるので、自分の就職活動は良い方法ではないと考えるようになり、すると次第に仕事を探す意欲が薄れてきてしまいました。そんな時、偶然私が見つけたのが紹介予定派遣という働き方だったのです。まず紹介予定派遣という言葉の意味が分からなかったため、調べてみました。するといずれ正社員となれる働き方だと分かりました。これは良いと思い、いきなり正社員とはいきませんが、まず紹介予定派遣にて派遣として働くことにしました。

とにかく紹介予定派遣として派遣される企業に認めていただく必要があります。ですから私は必死で働きました。これまで行っていたアルバイトの時よりもかなり意欲的に仕事に取り組んだのです。すると働き始めて4か月後、派遣先の企業から直接採用すると言われまして、大学時代からの就職活動は、ようやく幕を閉じることができました。しかしこれはあくまで直接雇用されただけのことです。今後はさらに必死で働く決意ですし、紹介予定派遣を選んで良かったです。