紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣と派遣の違い

転職は仕事をしながらも新しい仕事先を探さなくてはならないので、なかなか思い通りには仕事探しを進めることができないというのが実態になります。そこで派遣会社というのは希望通りの仕事を紹介してくれますので、派遣会社に登録をする人たちがたくさんいるという時代になっています。派遣会社で派遣社員として登録をすることができれば、自分の仕事の経験を活かせる仕事先に派遣社員としていくようになります。しかしながらその場合には一年などの契約期間があるので、その期間になってしまうとその仕事先での仕事は終了という形になるのです。

ですが派遣社員の中には紹介予定派遣というスタイルのものもあり、この場合には派遣先の会社の社員になれるという可能性があるというわけです。紹介予定派遣というスタイルの派遣先であれば、派遣期間中にきちんと能力が認められたりすることでその会社の社員になることができます。派遣先の会社だけではなく自分もその会社の社員になりたいということも必要で、お互いの考えが合致すれば契約満了の時期に面接などを行って正式な社員になれるのです。これであれば派遣社員として仕事をするよりも待遇面も上がり福利厚生なども安心なのです。