紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣制度のメリットとデメリット

最近では、派遣で働く人の中でも紹介予定派遣を利用する人が増えてきています。紹介予定派遣とは、就労開始時は「派遣社員」ですが、最長6ヵ月という試し期間を経て、雇う側と雇われる側が双方を見極めた上で、正社員になるかどうかを判断するという制度です。いきなり正社員などの直接雇用として入社すると、お互いに合うかどうか分からないまま入社することになってしまうため、入社後のミスマッチが起こりやすくなります。そういったリスクを減らし、直接雇用の機会を増やしたいという背景からこの制度が誕生しました。紹介予定派遣の制度には、実際の職場の仕事内容や雰囲気を見て、自分の適性と合っているか見極められること、派遣会社が企業と労働者の間に入って、交渉や調整などを行ってくれる。といったメリットがあります。

しかし、気を付けておきたい点もあります。それは当然ですが、試用期間が過ぎた後に正社員として雇用されない可能性もあるということです。そして、通常の派遣と違い、就業時の選考のハードルが高いということです。これは一般的な正社員になるための就職活動の流れとほぼ同じといっていいでしょう。特に面接は、企業との初めての顔合わせの時ですので、事前にしっかりと対策をしてから臨むことが必要です。こういった対策等については、派遣会社がしっかりとサポートしてくれるので、不安な点や疑問があれば積極的に派遣会社の担当者に相談することが大切でしょう。