紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣による就職

派遣社員の多くは一般派遣になり、派遣先が決まっているときのみが給与がもらえるのです。OL、工場での労働が一般派遣になります。そして、IT技術者、開発、設計などの技術開発の派遣は特定派遣になります。派遣先がない時でも給与がもらえるのです。技術職に多く見られる派遣の形式です。そしてもう一つの派遣が紹介予定派遣になります。

紹介予定派遣は、派遣先の企業に正社員・契約社員として採用されることを前提として、派遣者を紹介するのです。派遣期間が終了したら、派遣先企業、派遣者の双方で合意に達したら、雇用契約を結ぶことができるのです。企業としたら、その人を見て社員として採用ができるのです。合意されない場合、派遣として続けることもできますし、派遣を終了させることができます。

紹介予定派遣には採用企業側にもメリットがありますが、派遣者側もメリットがあるのです。それは、就職先を派遣会社が探してくれます。正社員として転職を目指すのであれば、無職である期間をなくすことが大切です。派遣期間がありますので完全に無職となることはありません。希望する企業での派遣を経験することで、企業側からではなく派遣者側から断ることもできるのです。