紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣で仕事・職場を体験してみましょう。

就職活動を一生懸命頑張って、そしてその後採用が決まると、それはそれは嬉しいものです。嬉しいどころではなく、喜びの絶頂と言った方が良いでしょうか。ただし、100パーセント全て喜びだけかと言うと、そうではないかもしれません。誰だって、決まった就職先に不安や心配はあるでしょう。

それでは一体何が不安で心配なのでしょうか。それは自分が、決まったばかりの就職先の社風に合うのか、人間関係は大丈夫か、業務をこなしていけるのか、この会社を長く続けていけるのか、といったことに自信が持てないから不安で心配なのではないでしょうか。

面接や会社の説明会、見学などでは見えない部分があります。実際に業務を始めてみないとわからない部分があるのです。そんな不安や心配を解消する為に、派遣会社によっては紹介予定派遣という制度を設けているところがあります。これは派遣先の会社がお試し期間を用意している制度なのです。例えば3ヶ月、または6ヶ月ほど働いて、その企業の雰囲気・人間関係・実際の業務などを派遣スタッフとして経験した上で、期間終了後に話し合うのです。そして企業と派遣スタッフが合意に至れば、正式に社員としてその会社に採用されるのです。会社としてもあなたの能力・人間性などを見極めることができます。派遣スタッフと派遣先の会社の両方にメリットのある制度と言えるでしょう。

関連サイト