紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣のシステムとメリット

紹介予定派遣は採用側も採用される側も双方にメリットがあり、ムダのないよう自社に合った人材獲得することができます。採用される側としては、紹介予定派遣として働きながら、勤務先の会社での仕事が望んでいたことか、自分の能力に沿っているかどうかを検討することができます。通常は雇用する場合には労働基準法により14日を超えて使用した後に解雇しようとする場合は、30日前に解雇予告をするか、平均賃金の30日分以上の解雇予告手当を支払わなければなりません。つまり今までの労働基準法では14日以内に労働者を正式に雇用するかどうかを決めなければなりませんでした。しかし紹介予定派遣では1年間までは派遣社員として労働させて、労働者も派遣先も気に入るかどうかの判断ができるようになっています。

このような紹介予定派遣のシステムは中途採用者の採用に適していると言えます。特に専門職と言える研究開発や技術者、コンサルティングなどの経験を必要とする職はなかなか使用期間の短い期間で評価するのは難しい面があります。ただし紹介予定派遣で雇い入れた社員には使用期間を設けないとか結果的に派遣先が社員を正社員として雇用しなかった場合に、その派遣先に労働者の雇い入れについて必要な指導を行うこととされています。

関連サイト