紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣のメリット・デメリット

紹介予定派遣とは、最初は派遣として働き、一定期間(3〜6ヶ月)の派遣を経て双方の合意の下に正社員採用にするかどうか決める制度です。この制度のメリットは、まず、正社員採用時のミスマッチが防げることにあります。たった数回の面接で決める通常の採用形態と比べて、一定期間、被雇用者の働きぶりやスキルを見れる事になりますし、被雇用者側も職場の雰囲気や仕事の進め方を見ることが出来ます。雇われる側も、雇う側も、こんなはずではなかったと言うミスマッチが少なくなります。こうして結ばれた雇用契約なら安心して働けるかと思います。このミスマッチの減少が企業の利益を生むことになり、経費削減にも繋がるかと思います。次に、紹介予定派遣期間には派遣会社からアドバイスを受けられるということです。派遣会社のコーディネーターはその道のプロですので的確なアドバイスが受けられると思います。そしてこれは、未経験の仕事での紹介予定派遣ではすごいメリットになります。コーディネーターからのアドバイスと紹介予定派遣期間いわゆるお験し期間での研修のような形になりますので、正社員採用以降には戸惑うことはないと思います。またそれ以外でも、本採用の契約の前までの手続きは派遣会社がやってくれますので、仕事に専念できます。

次にデメリットになりますが、そこまで多くはないのですが、派遣会社に紹介予定派遣でのオファーがなければ紹介してもらえないということです。一般派遣に比べて、紹介予定派遣は数も限られますので希望の会社の求人がない限り紹介予定派遣をうけることが出来ません。ただ、近年は紹介予定派遣が一般化しつつあるので、今後は増えていくと思います。