紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

正社員になるチャンスがある紹介予定派遣

派遣の仕事は、正社員で働くのと違って自由度が高く働きやすいのが特徴です。正社員の場合常に会社の勤務時間に従う必要がありますが、派遣であれば都合に合わせて自分が働きたい時間や仕事の内容を選ぶことができるからです。こうした特徴を持つ派遣の仕事ですが、デメリットもあります。派遣は一時的な仕事であることが多く、派遣先の企業の仕事が減ってしまうと契約の更新はありません。せっかく覚えてきた仕事でも契約を切られてしまうので、一つの仕事を極めることでスキルを磨くことも難しいのです。そうしたデメリットを解決してくれる働き方に、紹介予定派遣というものがあります。

紹介予定派遣とは派遣先で働き始める前に、正社員として受け入れてもらうことを前提に契約をするというものです。初めは派遣として働くのですが、一定期間経過すると正社員として働くかどうか聞かれ、双方が合意することで晴れて相手先の企業の正社員となることができるのです。これは働く側にとって大きなメリットがあります。何らかの理由で派遣として働いている人にとって、紹介予定派遣を活用することで正社員になるチャンスが与えられるからです。待遇の面では正社員の方が有利であるだけに、長く働き続けたいという人は紹介予定派遣の仕事を希望するとよいでしょう。

関連サイト

  • ミュゼについてはココがおすすめ。