紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

新卒でも紹介予定派遣を利用する

大学生の就職率が下がってきています。本当に実力のある学生しか正社員になることができないと思われがちですが、成績が優秀な学生さんでも会社との縁がないだけで、たまたま卒業するまで内定を得ることができなかったと考えたほうがいいかもしれないです。実際、卒業をせずに就職留年をして下級生と一緒に就職活動をしている学生もいれば、あきらめて早々と派遣社員として働いている新卒もいます。確かに留年するにも多額のお金が必要になりますので、本音を言えば卒業したら働きたいものです。でも普通の派遣ではなく、今後のキャリアアップを目指すことができる派遣でないと本当に意味がないと思いました。ここでお薦めするのは正社員への道を開くことができる紹介予定派遣です。

紹介予定派遣に登録をして、派遣先で自分の実力をじわじわと伸ばしていくことです。仕事で多くの経験を積み、派遣先から大きな信頼を得ることができたら正社員への道を切り開いていくことができます。このような会社と出会うことができるのはまさに縁です。この縁を大事にして自分なりに精いっぱい頑張って正社員になれるように頑張ることです。卒業前に内定を取ることができなかった人でも、いくらでもチャンスがあるのです。