紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣で働くために

最近ではいきなり正社員として働いていくというのが不安という事と、就職後の自分の想い描いている仕事内容等とミスマッチがあったらどうしようという不安の中で紹介予定派遣という働き方が多くの人に注目を集めています。この紹介予定派遣は半年は派遣として働いて、半年後は派遣先の企業と契約を結んで正社員として働いていく物になります。この紹介予定派遣で働いていくための流れですが、まずは派遣会社で登録をする事が大事になります。最近ではインターネットがあれば簡単に登録する事が出来ますが、求人や担当者との連絡もメール等で行なうためパソコンやスマートフォンが無いとやりとりが難しいです。

その後は派遣会社に訪問をしてどのようなきちんと担当者と話をしていく事が大事になります。ここでは自分の得意なところと不得意なところに、スキルや今までの経歴等細かく聞かれて、その上で派遣先を決めていきます。そのためこの面接で自分の希望を伝えておかないと後でミスマッチが起こってしまうため必ずすべて伝えた方がいいです。そして担当者が派遣先を見つけてきてくれますがそこで働いていけるかという意思確認もされます。この意思確認でしっかり聞きたい事を聞いておかないと遅いため必ず聞いておきたい事はまとめておいた方がいいです。