紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣という働き方

仕事をしていくために就職する上で一番の問題としては一度入ってしまったらなかなかやめる事が出来ないという事です。面接を受けて話を聞いたり説明を受けている時点では働いていきたいと考えていた物が、実際に会社に入って働いているとこんなはずじゃなかったのにというミスマッチが起こってしまいます。しかし入ってすぐにやめたら経歴に傷がつくため我慢して働きますが、イヤイヤやっている仕事はストレスが溜まりいずれ爆発してしまいます。こうしたミスマッチを防いで本当に会社の事を知った上で正社員として雇用される紹介予定派遣という働き方が多くの人に注目されています。

この紹介予定派遣は実際に派遣としてその会社に半年ほど働いていきます。半年あればほとんどの会社の事業内容や仕事内容を把握する事が出来て、ここで働きたいか働きたくないかの判断が出来ます。そして実際に問題が無ければ派遣先の企業と雇用契約を結んで正社員として働いていきます。こうした働き方は新しい自分の発見にも繋がります。今まで敬遠した仕事もやってみたら自分に向いていたということも少なくないですし、半年働いてそれでも嫌なら雇用契約を結ばなければいいという事があります。