紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

人気の紹介予定派遣の注意点

一般の労働派遣では、派遣先の企業が派遣社員を面接して選別することはできない建前になっています。就業前に派遣先へ行くのは顔合わせなどと称することが多く、面接とは一線を画しています。ところが紹介予定派遣の場合、いずれは派遣先に直接雇用されることが前提ですので、事前の面接が認められています。派遣社員として働いていても、安定して長く働きたいと思っている人は多いので、紹介予定派遣はとても人気があります。一般就職の面接と同じようにこれまでの職歴等を聞かれますので、事前準備をしっかりとしておきましょう。

紹介予定派遣を正社員前提と勘違いしている人もいるようですが、あくまでも直接雇用が前提であり、正社員とは限りません。契約社員、期間社員といった有期雇用であることも少なくありませんので、派遣期間終了後の雇用形態は必ず確認しておきましょう。安定して長期で働きたいのであれば、正社員か、もしくはパートや契約社員であっても無期雇用の形態の紹介予定派遣を選ぶのが良いでしょう。面接の日までには少なくとも会社のホームページ等を見て、業種、企業理念、従業員数等を確認しておきましょう。面接官の言うことをよく聞いて、既に説明があった内容を質問するような失態を演じないよう気をつけましょう。

関連サイト