紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣では採用後も特に身だしなみに注意を

紹介予定派遣とは、人材派遣会社から半年以内の派遣先での直接雇用を前提に派遣されるお仕事のことです。最長で半年間、企業側は人材の働き振りを、働く側は会社の雰囲気をじっくりと確認することができるため、採用後のミスマッチがあまりないのがメリットです。もちろん直接雇用としての採用をどちらからも断ることができますが、一般派遣のように契約期間を終える時に簡単に更新を断れるのと同じような気持ちで受けるべきではありません。企業はマッチすれば直接雇用で長く働いてほしいと思っているわけですから、そのつもりでお仕事を受けるようにしましょう。

一般派遣でも顔合わせの際の身だしなみは清潔感を心がけていることと思いますが、紹介予定派遣の場合は特に第一印象が大事ですから身だしなみには充分に気を配りましょう。所詮は臨時雇いの一般派遣と、将来は直接雇用して長く働いてもらおうと思っている人材とでは企業側も求めるものが違います。既に何年も社会人として働いている人なら、見るからにリクルートスタイルにする必要もありませんが、派手な色やカジュアルなデザインの服は避けるべきでしょう。派遣社員として働いている間も、服装や行動を見られていることを忘れないようにしましょう。