紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣という働き方

紹介予定派遣という雇用形態をご存知でしょうか?これは入社時は6ヶ月間派遣社員の身分として働き6ヶ月終了後に正社員登用になるという雇用形態です。メリットとしまして実際内定をいただき入社したけど職場に馴染めなかったとか、仕事の内容が思っているような内容と違った、自分には向いてなかったなどといった場合、6ヶ月終了後に契約をしないということができます。

要するにお試し期間中に相手企業が自分に向いているか判断ができるということです。会社側の方は正社員への登用を基本に採用しているのでよっぽど勤務態度に問題ありとかでなければ大丈夫でしょう。この紹介予定派遣ですが、人材紹介会社や人材派遣会社での取り扱いが多いです。

職種的には事務系の仕事が多いです。最近では貿易実務や営業職でもこの雇用形態を見かけるようになりました。これは自分の所管ですが、紹介予定派遣の募集の場合、普通の正社員の募集より面接選考がゆるい感じがしました。厳しい就職戦線に勝ち抜くためにこのような雇用形態からスタートして正社員の座を狙うのもありなのではないでしょうか?ただし選考内容は普通の正社員選考と同じで書類選考、面接という流れになりますのでその準備はしておきましょう。

関連サイト