紹介予定派遣は就業者と企業にメリットがある

紹介予定派遣の魅力とは?

最近紹介予定派遣から仕事を見つける友人が増えています。派遣とは派遣会社に登録し、その派遣会社に紹介された会社に派遣されるという形で勤務するものです。直接雇用される場合と比べて、事業内容で選択できるので自分の特技を発揮できますが、期間の設定があるので将来的な安定感がないと感じる人もいます。紹介予定派遣とは、派遣を通して実際の職場を体験し、その後双方が納得すれば事業主との直接雇用となる制度です。派遣期間は6ヶ月以内と決まっています。実際に職場で働くことによって事業内容や職場の雰囲気などを見ることができ、事業主もその働きぶりを評価することができます。事業主との直接雇用で正社員になることもできるので、将来の不安からも解消されます。しかし必ず直接雇用されるわけではないこと、必ずしも正社員という条件でもないことなどを踏まえ、条件をよく確認することは大切です。

平成16年から開始されたこの制度ですが、特に私の友人である女性にも多く利用している人が多いようです。多くの情報が飛び交うネット時代、自分に合う会社を探して応募するだけでもたいへんな労力です。その点、紹介予定派遣ならば最初派遣会社に登録するわけですが、担当の方が相談に乗ってくれて自分に合っている会社を紹介してくれるわけです。自分でなんでもやるのが苦手という人にはもってこいの制度ですね。